内田鋼一の感性とは

新春 Special SALON!

ということで今回は内田鋼一さんにお越し頂き、

「ものづくりから学ぶ人生のヒント」

を伺いました!

©︎Kensaku Kakimoto

内田鋼一さんは陶芸家であり、現在四日市のBANKO archive design museumの館長も務めていらっしゃいます。

内田さんは20代前半で海外に飛び出したそうです!

語学留学ではありません。

焼き物を作っている村へ行って、一緒に焼き物を作っていたそう🙄

また村人が話している言葉は全くわからなかったという内田さん...。

「ワイルドだろ〜?」とか

「Wifi飛んでないじゃ〜ん」とか

そういう次元ではありませんよね。

よほどの覚悟や好奇心がないと出来ないことだと思います。

それでも、焼き物を作ることで分かり合えたそう。

いやぁすごい...。

時間を忘れる内田さんのトークの合間に加藤啓太シェフによるイタリアンを頂きながら、耳を傾けます。

「良い作品と悪い作品はどうやって決めるんですか?」

「陶磁器の産業はどうなっていくとお考えですか?」

「今の奥様とのご結婚の決め手は?」

などなど、たくさんの質問にユーモアを交えて答えて下さいました😉

今回は老若男女、様々な方々に集まって頂き、

皆様の日々に参考になる金言を多々頂戴しました。

最後には、

「これまで作ってきた作品が一本の線でつながるように、これからも作品作りに励んでいく。」

- 内田鋼一

陶芸家である内田鋼一さんのプロフェッショナルな姿勢に

多くのものを学び取れた、そんな充実感のあるサロンでした。

「BANKO archive design museum」 http://banko-a-d-museum.com

最新記事
​Information

​ADDRESS

〒510-0802

三重県四日市市三ツ谷町13-25

059-331-2345 

info1@ginpo.co.jp

Monday - Friday

9:00 - 17:00

 

Saturday & Sunday

Close

​OPENING HOURS

銀峯倶樂部 GINPO CLUB Instagram
銀峯倶樂部 GINPO CLUB Facebook

​ / 

​LANGUAGES

© GINPO All Rights Reserved.